yoshi1966のガジェット日記

yoshi1966のコンピュータ関連情報を投稿しております

 

PoderosaをWindows10に

Windows7環境からWindows10に移行するも、やっぱcygwin使いたい。

cygwinをWindows10に入れるのは簡単。

64bit版のcygwin

https://www.cygwin.com/setup-x86_64.exe

 

ターミナルソフトは使い慣れたPoderosaがいいな。

現在は商用版が最新で公開されていますが、OSSな最終版4.4.4を

Windows10に入れる。

 

cygwinは何も気にせずデフォでまずインストール。

 

Poderosa

ja.osdn.net

こちらから

Poderosa-4.4.4-bin.zip

をダウンロード。

適当な場所に解凍する。

本体アプリ自体は起動するが、ローカルのターミナルに接続しようとすると

エラーがでる。

f:id:yoshi1966:20190207055236p:plain

 

これはPoderosaから呼ばれるcygtermが32bit版であるためである。

cygtermを再ビルドすればよい。

Poderosaインストールディレクトリ)/Protocols/Cygtrem

にあるソースをコンパイルするわけだが、

まず、もとのexeは名前を変えて保存しておこう。

ビルドに必要なパッケージを入れよう。

setup-x86_64.exeを起動し、

f:id:yoshi1966:20190207055308p:plain


gcc-core, gcc-g++, make

を追加。

 

$ cd(Poderosaインストールディレクトリ)/Protocols/Cygtrem

$ make

 

すると、ptsname()で何やらエラー。

 

いろいろ調べた結果、

no-operand.hateblo.jp

makefileを細工する。

コンパイルオプションに"-D_GNU_SOURCE"をつけることで解決。

f:id:yoshi1966:20190207055339p:plain

背景色は昔のグリーンモニタ風に。。。

起動できました。