読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshi1966のガジェット日記

yoshi1966のコンピュータ関連情報を投稿しております

 

Windows 10 IoT Core for RP2 を4GBのSDカードにshrinkして入れてみる

Raspberry PI2のWindows 10 IoT Coreイメージは要8GBであるため、デフォルトで8GB以上のmicroSDカードが必要となるが、4GBに収まらないかと試行錯誤。

f:id:yoshi1966:20150916230942j:plain

以前に展示会でタダでもらったmicroSDカード(4GB)

 まず普通にイメージをSDカード(8GB以上)に焼く。

 

フリーのパーテーションツールを使って、パーテーションサイズをshrinkして

みるが、私の場合はこれを使ってみた。

f:id:yoshi1966:20150916233552j:plain

 

通常のサイズは

f:id:yoshi1966:20150916234507j:plain

f:id:yoshi1966:20150916233817j:plain

こんな感じ。(16GBのメモリに焼いたので後ろに空きがある)

ツールにてサイズ変更、

f:id:yoshi1966:20150917002042j:plain

f:id:yoshi1966:20150916233713j:plain

MainOSとDataをshrinkして、全体を4GBに抑える。

 いったんイメージを吸出し、4GBのSDカードに書き出す。

 

f:id:yoshi1966:20150917002846j:plain

無事起動できた!!

 

 (手順まとめ)

1. 8GB以上のmicroSDカードにイメージを焼きこむ。

2. RP2で起動させずに、そのままパーテーションツールでshrink。

3. 4GB以下にしたところで、RP2に挿し起動させてみる。

4. 起動確認したら、イメージを吸い出し、4GBmicroSDカードに焼きこむ。

5. 4GBmicroSDカードにて起動。

 

 

※あくまで起動できたのみで、動作すべては保障できません。

 

気が向いたらこちらもみてね