yoshi1966のガジェット日記

yoshi1966のコンピュータ関連情報を投稿しております

 

Y!mobileルーター303HW(旧e-mobile)をSIMフリーにして格安SIMに載せ替える

f:id:yoshi1966:20171002233512p:plain

(写真はすでにSimフリー化したもの)

親がJa○anetでタブレットと併せて2年前に購入。

結局、e-mobileの通信料とルーター本体の価格(24回ローン)でタブ本体価格と

同じくらいかそれ以上かかっている。

(サギとは言えないがこの仕組みわからないと目先の安さに飛びついた人はいるのではないでしょうか。。。うちの親のように。)

e-mobileは途中でY!mobileに変更になり、いろいろ変わりましたが、

最悪なのは、

・権利の譲渡はできない

契約者は親の名義だったので、何も設定しなければ親に通知が行くので面倒だった。

メアドや支払い等は自分に変更できたので、とりあえず事なきを得た。

しかし、

・契約は2年縛りで未満での解約の場合は(けっこうな)解約金。

おそらくJa○anetで購入する際、この辺の説明はないに等しかったのかも。

うちの親みたいにうとい人に説明しても理解できないですわな。

実質、親はこの件についてはわからない(知らない)状態であった。

で、

このあいだ、その2年がすぎて、解約を実行。解約金が0円の期間=契約更新月+1m

(これ自動更新なので気を付けないと勝手に延長されて、途中解約での解約金が

発生しかねない。現在の格安な回線価格からするとちょーもったいないです。)

モバイルルーター/303HW自体は悪くないので、今の格安SIM入れて再利用しよう

と思い、

価格.comでデータSIM部門第2位の「楽天モバイル3.1GBプラン」のデータSIM

を入れてみた。

まずバンド等下調べ。

http://yesmvno.com/lte-band/

Y!mobileDocomoで1800MHz/Band3で同一。

Docomoは東名阪エリアのみということだが、自分はいけるかなと。。。

実際楽天モバイルを入れた例は見当たらなかったが、

こちらこちらが参考になりました。

http://huaweiunlockcalculator.com/v201-huawei-unlock-calculator-v3

からIMEIを入力し、Unlock用キーを取得。

IMEIは裏蓋はずし、電池はずすとあります。

f:id:yoshi1966:20171002234954p:plain

で参考サイトのようにPCをルーター本体をつなぎ、設定画面へ。

「端末情報」→「WEB UI URL」のあるサイトをブラウザで開く。

デフォで"http://web.setting"

隠し入力ページを表示させ、先ほどのUnlockキーを入力。

あっさりとSIMフリー化成功。

ちなみにSIMはマイクロSIM

SIMが届いたらAPNの設定が必要となります。

楽天モバイルSIMは関東ということもあいまって注文2日後には届きました。

早かった。。。)

 WEB UIから

「設定」→「モバイルネットワーク設定」→「プロファイル管理」

新規プロファイル作成をクリック。

プロファイル名:(適当)

APN:SIMカード台紙に記載(rmobile.jp)

ユーザ名:SIMカード台紙に記載(rm)

パスワード:SIMカード台紙に記載(0000)

認証:PAPかCHAP(片方PAP、片方CHAP)

※”Y!Mobileエリア”と”Y!MobileエリアA”と2項目あったので、両方同じ設定を

入れる。

f:id:yoshi1966:20171002235707p:plain

(WEB UIホーム。パスワードの初期値は"admin")

あっけなくつながりました!

MACアドレスフィルタは英字を大文字でないといけないとか、最初設定したときは

3Gしかつながらなかったとかいろいろありましたが、

快適に接続出来ています。

屋外はdocomoLTEにしていましたが、今後はこの楽天モバイルにしようかと

思います。